80年代生まれの男女なら一度はハマったことがあるミスチルを振り返る

ミスチル Mr.Children

80年代生まれの人なら誰でも知っているアーティストと言えばMr.Children(以下ミスチル)。

というか、今でも有名で売れているというのはすげーんじゃねーっすか?若い女性タレントでも「桜井さんステキー!」って言ってるぐらいですし。ね~やっぱりモテますよね~。あ~うらやまし。

僕たち80年代生まれの男女は慣れ親しんでいる曲でも、若い子たちなら知らない曲もあったりするのでしょう。それもまた時代ですか。

僕の中で印象に残っている曲をいくつか紹介します。

ミスチルといえば「Tomorrow never knows」

僕が初めて買ったCDシングルは「Tomorrow never knows」でした。あ、あれっすよ?もちろん8センチの小さいやつですよ?

なんかほら、あれってケースが「ぱき」って半分に折れるようになってましたよね?なんか怖かったんで折ってないですけれど、コンパクトになってポケットサイズになるのだとか。

もしかしたら「CDってなあに?」な~んて世代が読んでいるかもしれませんね。そんなお子ちゃまはこっちの記事も読んでね!

なお、ダブルミリオンを達成したシングルなので、偉業の曲とも言えます。

Mr.Children 「Tomorrow never knows」 MUSIC VIDEO

当時はYoutubeなんてなく、MVをフルで見る機会もほぼなかったわけで。音楽番組でちょっと映るぐらいでしたからね。

こうして時代が流れてから見るというのも、なんだか不思議な気分ですね。

あれでしょうか。やっぱり、中学生だったから惹かれるものがあったのでしょうか。「闇の向こうに手を伸ばす」ここだけ抜き出すと厨二病っぽく見えますねえ。

カップリング曲は差し替え

カップリング曲はなんだったっけ?と調べてみると、ラブコネクションだったそうです。アトミックハートに入ってましたね。でも本当は、「everybody goes」の予定だったんですって。(wikiより)へえ~。

ミスチル Mr.Children

この曲ってシングルカットされてましたね。

んで、途中に入っている女性の声が当時、中学生だった僕には刺激的だったような。今でも大音量で聴こうものなら、ちょっと気まずくなるというか、両親と一緒に聞くのは嫌ですなあ。

初めて買ったアルバムもミスチルだった

初めて買ったシングルがミスチルなら、初めて買ったアルバムもミスチルのアトミックハートでした。

ミスチル Mr.Children

いくらぐらいでしたっけ?当時のアルバムって3000円ぐらいした記憶がありますね。中学生の頃の3000円って大金ですわ。

それが今や、1000円払えば聴き放題の時代ですよ。すごいというか、もしかして、日本人の所得が減りすぎたりしてないかい?ちょっぴり不安になりますわああ。

何度も聞いて何度も歌った「innocent world」

僕の中で完全に音楽にハマるきっかけとなった曲が「innocent world」でした。

Mr.Children 「innocent world」 MUSIC VIDEO

ほんで、この頃ぐらいにギターを始めたんですよ。全く弾けなかったんですけれど。あはは(笑)

練習した結果、イノセントワールドは歌いながら弾けるようになりました。これだけ大人気だった曲なのですから、女子の前で弾けたらモテるわけですよ。でも、弾けるようになったのはCDの発売から3年以上経過してからのことでした。

んでモテたかって?モテるわけないじゃ~ん!モテるヤツってのは、ギターなんか弾けなくてもモテるんですから~!ざんね~ん!

意外とダブルミリオンはしなかった

ちなみに、「innocent world」はギリギリ200万枚に届かなかったようです。あれだけずっと1位だったのに。ダブルミリオンというのは、かなり高いハードルなのでしょう。

最も印象に残っている曲

でもでも、もっとも印象に残っている名曲でもあります。

当時って音楽番組がたくさんあったじゃないですか?いまでも続いているミュージックステーションだけではなくて、「うたばん」「HEY!HEY!HEY!」だったり、深夜の時間帯にもたくさんありました。んで、ランキングのコーナーがあるんですけど、一時期ずーーっと「innocent world」が1位だったんですよ。

ランキング

んなもんで、ずーーーーーーーーーーっと印象に残っています。いつの日も僕の胸に、メロディーが流れてるってなもんです。

HEY!HEY!HEY!でダウンタウンの浜ちゃんとミスチルの浜ちゃんが出会った

ギターの田原さん。初めてジャケットを見たときに、「ダウンタウンの浜ちゃんに似てるなあ」なんて思っていました。

そして、ダウンタウンの音楽番組である「HEY!HEY!HEY!」にミスチルが出演したことがあり、そこで初対面を果たしたわけで。まあ〜話題になりましたよ。やっぱり似てますもの。「おとなしい浜ちゃん」というのがピッタリです。

レコチョク

とても思い入れの強い「名もなき詩」

名もなき詩は、とても思い入れの強い曲です。この曲がきっかけで初彼女ができたので、僕の中では青春の一曲です。

Mr.Children「名もなき詩」Mr.Children "HOME" TOUR 2007 ~in the field~

なんというか、この曲を聴いたときに、「あ、俺はあの子が大好きなんだ」と気づいたのです。そして、勇気を振り絞って愛の告白(笑)をしたのですが、一度はフラれました。諦めないでアタックしていくことで、なんとかうまくいきました。

その告白の様子は、ちょっぴりこちらの記事で紹介しています。見ないでね!

ダブルミリオンを達成した名曲

名もなき詩とタイアップしていたドラマも好きでした。確か、堤真一と和久井映見が出演していたドラマです。

ピュア

一応、ググってみたら正解してました!意外と覚えているもんですね。忘れてましたが、「ピュア」というタイトルです。そうそう。そうだった。

ちなみに、名もなき詩もダブルミリオンを達成してます。すげーな。

若い子にも聞いて欲しいミスチルの過去曲

紹介しすぎてYoutubeの動画を貼りまくっていると重くなるので3曲までにしています。

他にもありますよ?僕の十八番のクロスロードだったり、終わりなき旅だったり。どうしようもないぐらいに暗い曲もありますね。Overや雨のち晴れとか、「花」も暗いですねえ。

当時、発売していたアルバムは全部買ってましたし、何度繰り返して聴いたことか。いや、レンタルだったかな?ウォークマン用に録音したテープを聴いていたのかもしれません。

ベストアルバムもあるんですよね。こりゃあ、名曲揃いですわ。

ミスチル Mr.Children

若い人にも人気のミスチルですが、古目の曲って知らなそうなんですよね。そいつは勿体無い。というか、当時の曲って今聴いても古くないんですよね。

歌詞に登場する固有名詞は古いものもあるかもしれませんけれど、若い子にも刺さるはず!聴いて欲しいもんです。

80年代生まれの男女は新しいミスチルも知っておこう

80年代生まれのおじさん・おばさんたちなら、ミスチルにハマっていた時期もあるはず。どちらかと言えば、女性ファンの方が多かったのでしょうか。「きゃー!桜井さ~ん!」みたいな。それから数年経って、「きゃー!桜井く~ん!」なんて黄色い声を上げるとは思ってもみなかったでしょう。ね?そうでしょ?

僕らと同じように桜井さんも歳をとっている

女性からキャーキャー言われている桜井さんも、どうやら50歳を超えているという驚きの事実!昔と見た目って変わってないような気がしませんか?んまあ、テレビに出たり、アーティストは若く見える人が多いってのもありますけれど、それにしても若いままですね。

ミスチル Mr.Children

好きなことをやっていると、やっぱり老けないのでしょうか?

よーし!みんな!仕事を辞めて自由にやろうぜ!え?生活はどうするのかって?知りませんよ、そんなの。自分で考えてくださいよ。見えない敵にはマシンガンをぶっ放してくださいよ。

時が止まっているおじさん・おばさんに新しい曲を

歳を取ってくると「新しい音楽」に触れる機会が少なくってくるようです。テレビを見る機会も減ってきてますし、ネット動画なら曲もあまり気にしなかったりします。

まあ、新しい曲に触れなければいけないってこともないのですが、昔によく聞いていたアーティスの新曲なら、聞いてみたいと思いませんか?

ミスチルは、いつまでもあの頃のミスチルのままです。大きな変化はないというか、変わる必要もないというか、ミスチルはミスチルなんですよね。しばらく音楽から離れていた人でも、やっぱり「いい曲書くよなあ」なんて思えます。

ラジオ

若い子だって聞いているぐらいですから、年齢関係なく受けるんでしょうね。それってすごいよなあ。

新しい音楽は、頭をリフレッシュしてくれたり、新しいひらめきを与えてくれます。多分。

若い子たちも過去のミスチルを聞いて、80年代生まれの男女は、最新のミスチルに触れてみましょうや。

コメント

タイトルとURLをコピーしました