80年代生まれ男女なら誰しもがハマった「プリント倶楽部」を振り返る

80年代生まれの人たちなら中学生~高校生ぐらいの頃だったでしょうか。僕が高校生の時、学校の近くに大きなゲームセンターができまして、四角い箱というかなんというか、「なんじゃいこりゃあ?」ってなもんが設置されていたわけです。

そいつの名前はプリント倶楽部。大流行したあの頃を振り返ってみましょう。

最初は誰も注目しなかったプリント倶楽部

プリント倶楽部の筐体を初めて見た時は、全く興味を示すことなくダンスダンスレボリューションを友達と仲良くやっていました。もちろん!男だけで!

DanceDanceRevolution | eAMUSEMENT

あれってたまに、めちゃくちゃに上手い人がいるじゃないですか?もうなんか「きもっ!」って思ってしまうぐらいに上手い人が。

ドラムマニアでもいましたね。僕の友人が気持ち悪いぐらいにうまかったので、プレー中は後ろからずっと「きもっ!」って言ってやりました。彼は嬉しそうでした。

僕はビートマニア派でして、たまに2プレーにして両手でやりまくっていました。もちろん、友達からは「きもっ!」って言われていました。嬉しかったです。

話が逸れましたすみません。プリクラの機械が設置され始めた頃は、たまに女子高生が使ってたかな?ぐらいで、目立ってもいませんでした。んで、あれって当時から「女子が利用するもの」というイメージがありました。男たるもの、そんなものは使わぬわ!ってなもんでした。

女子たちの間で急に流行りだした

学校では女子たちが何やら楽しそうに話していて、「あ!プリクラだ!」なんて会話をよく聞くようになりました。

その頃からでしょうか、一気に女子たちの間で流行り始め、一部の男子たちもプリクラを撮るようになるまでに時間はかかりませんでした。

「シールになる写真」を作れるのは衝撃だった

当時はまだ写ルンですを修学旅行に持って行っていたぐらいなので、気軽に写真が撮れて、しかもシールになるというのはシンプルながらも衝撃だったのです!

いや、衝撃は言い過ぎですね。「オリジナルのシールを作れる」というのがポイントでしょうか。

「可愛い女子のプリクラ」を集めていた80年代生まれのおじさんたち

高校生の頃だったので、やっぱりこういう話をしていました。「1組の○○さんが可愛い」だとか、学年で可愛い女性ランキングを作ったり。

いやあ、何かの団体に見られてしまうと「女性蔑視だ!」とか怒られそうなことを平気でしていたわけです。今の高校生もしてそうですけどね。

そこで、人気のある女性のプリクラは人気があるわけで、持っていることがステータスになっていたもんです。80年代生まれのおじさんたちなら、集めていたでしょ?

システム手帳=プリクラ手帳

当時はシステム手帳の後ろに集めたプリクラを貼るのが流行っていました。基本的には友達と撮影したのをペタペタと貼って、人に見せては友達自慢をしていたものです。あ、僕ではありません。周りの女子たちのお話です。

アドレス帳を埋めて、友達に見せる感じにも似ていますね。

「可愛い女子のプリクラ」を集めては自慢していた

僕たちアホな男子高校生は、可愛い女性のプリクラを集めてはシステム手帳に貼って、「俺の方が可愛い子を知ってるんだぜ!」ってな自慢をしていました。アイドルの生写真を集めて、友達に自慢する感じでしょうか。

僕には経験がないので、わかりやすく説明すると、ビックリマンチョコシールのキラを集めて自慢する感じに似ています。

友達と撮影したものも貼ってましたが、まあ思い出の写真みたいなものです。

余ったプリクラの行方

プリクラは頻繁に撮っていると、どうしても余ってしまいます。友達にあげるのはいいんですけど、僕は友達が少なかったので余ってました。

仕方なく、友人宅の麻雀牌の白に貼ってみて、麻雀をしながら様子を伺っていると、「なんだこれw」とツモった友人が笑ってくれました。僕を含めた男三人の超笑顔のプリクラです。しかもセピア色で仕上げております。

それから、その白はドラ扱いになりました。

男女の「出会い」に役立ったプリクラ

プリクラが流行ってた時期は、ポケベルも流行っていました。ということは、「ベル友」を作ることも流行っていたわけで、文通が始まるとプリクラの交換もしていました。

現代でいえば、マッチングアプリでメッセージを送りあって、写真を送るようなもんでしょうか。わかんないすけど。まー「男女の出会い」に一躍買っていたってこったです。

それはいいとして、ベル友が送ってくれたプリクラが可愛いと、やっぱり期待してました。手紙には電話番号も書かれていたりして、緊張して話したもんです。

声が可愛かったりすると、もらったプリクラを見ながらニヤニヤしたりして。そして、デートの約束をしていざ出会ってみると、やっぱりプリクラとは違うんですよね。どうしたってプリクラの方が可愛く見えますね。これって今もそうなんでしょ?きっと。

ああ、あの頃の甘酸っぱい記憶が蘇ると、また恋愛したくもなりますね。



合コンや紹介でも役に立ったプリクラ

合コンをするとなった時に、やっぱり気になるのは相手の顔。他校の女子と会う時には、いつもプリクラの交換を幹事にお願いしていました。

今ならね、スマホで写真を撮って送ればいいだけですけれど、昔はこんなアナログなことをしていたのです。

紹介という形でもプリクラを交換していました。んでまあ、交換した後に断られることもあったりで。え?誰が断られたのかって?僕に決まってるじゃないですかあ!あはは!嫌だなああ!

最新のプリクラ機を僕たちおじさん・おばさんは知らない

今では女性専用になっていたり、カップルじゃないと撮れないようですが、かなり進化していますね。まず、撮ったものをスマホに送信できるなんて知りませんでしたし、というかプリクラじゃなくて「プリ機」って言うんですか?もしかしてプリクラって言うのって、おじさん丸出し?いやぁぁーーーーーー!!!恥ずかしぃぃぃーーーー!!!

それでまあ、最新のものを調べてみたのですが、意味わかんないっす!女子高生向けなのか、若い女性向けなのは間違いありません。プリクラとおっさんなんて水と油のようなもの(多分言い過ぎ)なのでわからなくて当然でしょうけれど。

でも、気になるの見つけちゃいました!なんとセガが20年ぶりにプリクラ機種を発売していたのです!

セガ、プリクラ新機種を10月8日に発売 約20年ぶりに再参入 動画撮影も
セガがプリクラ機の新機種を10月8日に発売し、プリントシール市場へ約20年ぶりに再参入する。

ソニックやセガサターンのスタンプがついてきたり、せがた三四郎とツーショットのプリクラが撮れる!というわけではないですね。当たり前だけどもー!

進化していくプリクラについていけるのか

僕たちおじさんがお世話になることはなさそうなプリクラ。いや、家族連れや子供と一緒に撮ったら楽しいプリクラならありそうですよね?ま、僕は結婚もしてなければ子供もいませんけどね。

男だけで撮影することはなさそうですし、撮影するなら若い女性とになりそうですね。

さあ!そこのお嬢さん!僕と一緒にプリクラ撮りませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました