信じた人はどうなった?ノストラダムスの大予言に騒いだ当時を振り返る

地球

1999年7月に世界は滅ぶ。

時は世紀末!20世紀が終わろうとしていた頃に、そいつは急に現れたのだ!

そうですね。ノストラダムスの大予言です。現代のようなネット社会なら、「何馬鹿なこと言ってんの?」というお話で終わるのですが、当時はそんなものなかったですからね。

いや、正確に言えばあったんですけれど、一般向けに普及はしておらず。テレビや週刊誌が騒げば、世間も騒ぐってなもんで。僕ら80年代生まれのおじさん・おばさん達も騒いでいたのもので。

そんな過去を振り返ってみましょう。

予言を本気で信じた人は後悔している

「世界が滅ぶ?馬鹿じゃないの?」と信じなかった人もいたのと同時に、本気で信じた人だっていたようです。

どうせ死ぬんですから、お金なんて持っていても仕方がない。どのように散財するかがポイントですねえ。

  • プレステを10台買う
  • ボッタクリのパチンコ店で遊ぶ

手っ取り早いのは競馬ですね。有り金全部突っ込めばいいだけですから。

もしも、億を超える額を全部ぶっこんだら、大穴だって本命になりますけどね。銀と金を思い出しましたよ。

銀と金

マジで信じた人のエピソード

事実かどうかは知りませんが、やらかした人もいるようです。

  • 「返さなくてもいい」と考えて借金した
  • ローンを組んで土地を買った
  • 会社を辞めた

地球が滅ぶので、土地を買っても意味ないと思うんですけれど。

「どうせ死ぬのなら」と、好きだったあの子に告白した男性だっているかもしれませんね。うまくいけば万々歳、失敗しても「どうせ地球なくなるし」と考えたら平気でしょうかね。

ま、滅びてないんですけどね。

犯罪に走った人もいる

もしかしたらニュースになっていないのか、目立っていないだけで、犯罪に走った人もいたのではないでしょうか?

ほら、ギャグ漫画だとありがちでしょ?「地球が滅ぶ」ってなって、有名人とかが外を裸で歩いたり、その辺で用を足したり。

裸で走るとか、女装に走るとか。それぐらいの人ならいたっておかしくありません。ん?そんな人は普段からしてるっぽいなあ。

なんにしても、信じる方もアレですけど、広めた方もアレですね。

ノストラダムスは占星術師・医師

そもそもね?ノストラダムスって何者なのよ?ってな話なんですよ。

WIKIによれば占星術師ということで、いうてみれば占い師です。

んで、16世紀の人なのでとっても古い人。当時は医師でもあったのですごい人なのかもしれませんし、たくさんの人も救ってきたのかもしれません。

予言は信じられていなかった疑惑

彼の偽物がいたこともあるそうなので、有名ではあったのでしょう。彼の暦書を真似て売っていた詐欺師もいたほどですから。

でも予言集を真似する人はいなかったのだとか。あれれれえ?怪しいぞおおお??誰も信じてなかったんじゃないのおおお?

恐怖の大魔王とはなんだったのか

なにが起こるかはハッキリと言っていないのですが、なにやら「恐怖の大魔王」がやってくると言っていたわけですが。なんじゃいそりゃあと。

ドラゴンボール世代の僕たちなら、当時の魔王と言えば「ピッコロ大魔王」だったでしょうか。いや、あの頃はすでに魔人ブウ編までいっていたかもしれません。

となると、魔王と言えばなにになるかなあ。今ならGIGANTの破壊神的なものを想像してしまいますねえ。

GIGANT

で、実際に迎えた1999年7月。ご存知のようになにも起こりませんでした。そして「大変だああ!」と叫んでいた人は、「予言のは旧暦だから」とかなんとか言い訳してましたよね。はー見苦しい。

ノストラダムスの大予言の事実

昔々、ノストラダムスが「予言集」というものを書いたのは事実っぽいのですが、彼の伝記などを元にして書かれたものがノストラダムスの大予言です。

てことはですよ、単なる小説なんじゃねーの?ってことです。だって、予言集を書いたものではないのですから。

問題になるのは実際に予言は当たっていたのかということです。

後出しジャンケンではないのか

ヒトラーやら何やら、それっぽいのものはあてている「らしい」のですが、大予言は戦後に書かれたものです。いくらでも書き足せるじゃん!てな話なんですよね。

フィクション小説として売り出していたのならいいのですが、周りが騒いで面倒なことにしたのはぬぐえませんよね。

騒ぐだけ騒いで尻拭いしない大人たち

それなりに有名だったり、それなりの立場の人が大げさなことを言えば、世間に広がっていきます。特に、当時はネットの発達していませんし、テレビが一方的に意見を述べたり宣伝します。

恐いですよね~。当時のテレビって洗脳マシンでもあったんですよね。

ノストラダムスの大予言の流行だって、誰かが裏で画策していたんでしょうよ。どうにも、どこかの新聞社が関与していそうですけれど。

占いは信じませんが、否定はしません。それで救われる人もいますからね。

でもね?変なこと言ってくるやつだとか、金をせびってくるやつだとか、そんなのに騙されないでくださいね?コロナの流行だって当てた人はいないでしょ?そういうこったです。

それにしても、騒ぐだけ騒いでグチャグチャにして尻拭いをしない大人たちって嫌ですねえ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました