80年代生まれのおじさんたちの青春!メロコア全盛期を振り返る

メロコア

「いつまでも金ピカのままで!」

80年代生まれのおっさんなら、これだけで何の曲かわかるでしょ?え?うそ~ん!わからないんですか?ハイスタのステイゴールドですよ!ビジュアル系全盛期の次に、メロコアブームがありました。

もしかしたら、音楽好きだったりバンドをしていた人の中で有名だっただけかもしれないですが、ハイスタは誰でも知っていたのでは?

とまあ、勝手な推測をしておりますが、メロコア全盛期を振り返ってみましょう。

Hi-STANDARDにはまった80年代生まれのおじさんたち

僕が初めて聴いたメロコアはハイスタの「New Life」だったと記憶しております。どんな曲だったか覚えていますか?探ってみたら、まさかの公式PVがありました!

Hi-STANDARD – New Life [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
Hi-STANDARD – New Life [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

それから思いっきりハマって、バンドをしていたこともあって速攻でコピーしました。そんで、僕がライブで歌っておりました。

高校生の頃だったので、バンドマンってモテるわけですよ?羨ましいですよね?モテれば。

モテる人はバンドなんてやってなくてもモテるんです。ええ。僕ですか?モテるわけないじゃないですかぁ~。3軍がバンドやってもモテない斬り!残念!波田陽区も懐かしいですね。

若い人にも聞いて欲しいハイスタの名曲

ハイスタといえば「STAY GOLD」や「New Life」だけではありません。「close to me」も好きでしたし、Growing-up」も良かったですねえ。耳コピもしてましたけど、バンドスコアも買ってました。懐かしや。

今ならネットを検索したら譜面やタブ譜ぐらいは誰かが公開しているわけで(違法じゃないやつ)、若者は無料で見れて羨ましいです。

名曲が揃っているので、今の若い人にも聞いて欲しいですね。Apple Musicでほぼ全曲聴けます!

ハイスタ以外にもメロコアバンドはたくさんいた

当時は「メロコア=ハイスタ」のイメージは強かったのですが、他にもいいバンドはたくさんいました。いくつか紹介しましょう。

Thumb

友人から教えてもらったthumb。ボーカルはダミ声なんですけれど、メロディアスでシンプルな曲がズラリ。こちらもコピーしてライブをしていて、みんなで歌っていました。気持ちいいもんです。

でも、真似してたら声が枯れちゃいました(笑)あはは(笑)

英語なんて全く勉強していなかったので、バンド名は読めませんでした。ずっと「ツンボ」って言ってましたわ。

Reach

Reachも良かったですね。初期の頃と、後期ではだいぶ印象は変わっていますが、後期のジャンルがよくわかりません。ただただかっこいいんですよね。「soul seraching」って曲がありまして、頑張ってコピーしましたよ。テクニシャン揃いだったので、非常に苦労した記憶があります。

マニアックだったのかスコアなんてなかったですし、必死で耳コピ。メンバーのドラムは「あんなの叩けねーよ」って言ってました。うん。ドラム叩けない僕からしても、Reachのドラムは変態的なテクニックの持ち主だとわかるので、「まあ、そうだよね」としか言えませんでした。

そんで、ThumbとReachって、元はcreamっていうバンドだったんですよ。何も調べないで記憶だけで書いているので間違えているかもしれませんが、それぐらいに記憶に残ってるんですよね。すごくないですか?もう20年以上も前のことなのに。

Spread

マニアックなメロコアバンドといえば、Spread。誰に教えてもらったか忘れましたが、「Red zone」という曲がめちゃくちゃ好きで、コピーバンドでやってみたことがあります。

ライブではしなかったのですが、友人が学校の文化祭ライブで僕のためにやってくれたんですよね。「お前のためにやる曲がある」な~んてかっこいいこと言ってましたもん。

ちなみに僕は出演してません。誘われはしたのですが、「モテようとしているみたいに見えて嫌だ」と断りました。モテるためにバンドやってたのに、何言ってんでしょうかね?やったところでモテないんですけどね。

なお、誘ってくれた彼はバンドやる前からモテてました。故に、ライブが終わったあとなんかキャーキャー!ですよ。キャーキャー!僕も出演していたら、同じように黄色い声援を浴びることはできたのでしょうか?できるわけねーだろ!バカなんじゃねーの!

「スカコア」や「ハードコア」も流行っていた

取り乱したことをお詫びしますん。ここまで紹介したバンド以外にも、Sobut、Husking-beeやB-dash、スカよりになりますがPOT Shotも人気でしたね。山嵐などのハードコアもブームになりつつありました。

メロコアから派生していった音楽ジャンル

メロコアって昔のジャンルのイメージがあったんですけれど、今でも人気のようです。

ジャンルとしてはメロコアではないものの、派生として生まれたのが国内オルタナティブの英語で歌うバンドですかね。僕の勝手な印象ではエルレもメロコア派生だと思っています。

Fire Cracker [MUSIC VIDEO]
Fire Cracker [MUSIC VIDEO]

彼らのことを知らないと、80年代生まれの中でも若者からは確実に「おじさん」と言われることになります。僕は昔から知っています。だから、僕はおじさんではありません!!!

メロコアには「青春」が詰まっている

メロコアの良さって、やっぱりシンプルでありながらも切なさもあり、いい意味で「男臭い」感じがする部分だと思うのです。お上品に表現すると「青春が詰まっている」になりますかね?そうしときましょ。

青春といえば、ゴーイングステディもジャンル的には同じでしょうかね。パンクとロックを上手に組み合わせて、男を「おおーーー!!!」と言わせる、あの感情を湧き上がらせるのがメロコアだといえそうです。となると、ドラゴンボールもメロコアだといえそうです(真顔)

おっさんたちが過去のバンド時代を思い出して、活動していく映画がありましたね。少年メリケンサックでしたっけ?主題歌はゴーイングステディだったような気がします。ええ。宮崎あおい、かわいい。

少年メリケンサック
レコード会社の新人発掘担当、かんな(宮﨑あおい)は、ネットで話題のパンクバンド「少年メリケンサック」を発見。スカウトしようと彼らを訪ねる。ところが「少年メリケンサック」は25年前に解散し、メンバーだったの秋夫(佐藤浩市)をはじめ、人生の落伍者のようなオヤジばかり。 かんなはダメ人間ばかりのバンドを復活させるべくマネージ...

メロコア好きの男性は「いいやつ」が多かった

メロコア好きの人たちって、ちょっぴりパンクなファッションとかで「恐い人」のイメージがあったんですけど、みんな優しいんですよね。ライブでダイブしても、みんなで支えてくれますし、モッシュしたらすぐに仲良くなれましたし。

メロコア

なんというか、スカッとした性格で優しい人が多かったような気がします。今も同じだったらいいのですが、どうでしょか?

メロコア好きの「パーカー女子」は可愛かった

当時はパーカーを着てライブに行ったり、したりもしてました。あ、リストバンドも必需品でしたね。あとは皮系の製品でしょうか。僕もパーカーを着てましたけど、今も同じ感じでしょうか?

にしても、メロコア好きのパーカー女子可愛いです。リュック背負っててもかわいいです。キャップ被っててもかわいいです。あれれ?僕ってメロコア好きの女性が好きなのかもしれません。誰か紹介してください。

80年代生まれの男女にとっての青春「メロコア」を楽しみましょうや

僕は昔、音楽活動をしていたので、趣味のバンドをやりたいと思っていたのですが、メタルじゃなくてメロコアもアリですね。あ、ドラムは体力いりますねえ。テンポは速いし、パワフルだし。叩いている途中で心臓がキューン!てなって止まらなければいいのですが。それよりは四十肩の方が心配ですね。そうですね。

ちなみに、ハイスタはニューアルバムを出していますし、難波さんは個人でバンドをしております。

ハイスタンダード
THE GIFT

あの頃の懐かしさを体験したいそこのあなた!大音量で聴きましょうぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました