「このテレビ番組が見たい!」チャンネル争いをしていた80年代

テレビ

今でもあるのかテレビのチャンネル争い。

スマホやらiPadやら公式でオンデマンド放送してますし、テレビを持っていない若い人は多そうなので、そんなものはもうないのかもしれませんね。

80年代生まれのあなたなら、子供の頃に兄弟と争っていたはず。そんな時代を振り返ってみましょう。

テレビは一家に一台の時代だから争いがあった

テレビは一家に一台。そんな時代に生まれた僕たちは、兄弟がたくさんいれば見たい番組もそれぞれ違うもの。

  • バラエティ番組を見たい僕
  • セーラームーンを見たい妹
  • クイズ番組を見たい兄

文句は言いまくりますが、最終的には兄貴が見たい番組になります。んで、妹は泣きます。

一番強いのは親父

親父は野球が好きでした。んで、野球ってゴールデンタイムにやってるじゃないですか?

兄貴がチャンネル選びの権利を持っていても、親父が帰ってきていたら野球になります。現代と違って当時は親父が一番偉かったのです。

「お父さんが稼いできてるから、あなたたちは生活できてるのよ?」なんて教育をしっかりと受けてきた僕は何も抵抗できないわけで。テレビ番組ぐらいで大げさですけれども。

金持ちの子は自分の部屋にテレビあり

テレビは一家に一台が普通の時代だったのですが、金持ちの子は違いました。自分の部屋にテレビがあるんですもの!

チャンネル争いをすることもなく平和だったんだろうなあ。

中には家族の仲が悪くて、部屋に引きこもりがちだからテレビがあった、なんて家庭もありましたけど。そう考えてみると、チャンネル争いをしていた方が平和なのかもしれません。

チャンネル争いとゲーム争い

一家に一台しかテレビがないわけですから、テレビゲームをするのも大変でした。

僕の家は4人兄弟。ゲームをしたい人もいれば、テレビを見たい人もいるわけで。

「もう一つテレビ買って!」とお願いしてみても、どのみちゲーム機本体は一体しかないわけで。そもそも「そんな余裕、うちにはありません!」と怒られるわけで。

昔はゲームをするのにテレビが必要

今でこそゲームはスマホがメインですし、モニターがあればできるようになっていますが、当時はゲームと言えばテレビとセットでした。

で、これから何かのハードを買うのならテレビではなくモニターをオススメします。4k以上でもそこそこ安いですし、なによりも「Nの人」がうるさいですからね。

僕は引っ越しするときにテレビは売りました!

画面を分割できるテレビの登場で問題解決

チャンネル争いの絶えない我が家に、新しいテレビが登場しました。なんと、画面が分割できるテレビなのです!

若い子は知らないだろうなあ…って思ったら、今でもあるのね。まあ、左右に別の番組を表示できるテレビがあったのです。

半分の画面では親父が野球の試合を見て、もう半分で僕ら子どもたちがバラエティ番組を見る。そんな日々が続きました。

片方からしか音が出なかった

2つの番組を観れるとは言っても、片方からしか音が出なかったんですよね。

スピーカーなんて左右で分かれてるんだから、分けりゃあいいだけの話なのに。そういう話にならなかったのメーカーさん?プンプンですわ。

でもまあ、野球は音声がなくてもなんとかなりますけどね。

修学旅行先でも友達とチャンネル争いをした

小学校の高学年ぐらいだったでしょうか、お泊まりの授業というか、学習合宿みたいなものがありました。

みんなでお泊まりというのは興奮するな。まちがいないね。というわけで、同じ部屋で眠るわけですけれど、部屋にテレビがあるんですよね。

確か、小銭を入れて視聴するタイプだったと思うんですけれど、そこでもチャンネル争いは起きたんですよね。

田舎なら放送が少ないから争いも少ない

僕のじいちゃん・ばあちゃんの家はド田舎にありました。

テレビのリモコンはなくて、ダイヤル式でチャンネルを合わせるタイプ。懐かしいでしょ?

しかも映ったのは3チャンネルぐらいで他は砂嵐ですわ。

さすがにあのレベルになると、チャンネル争いも何もありません。

テレビ番組はオンデマンドの時代です

「テレビ持ってません」なんて若者が増えてきている中、チャンネル争いも減っていくのでしょう。スマホやタブレット、PCでもテレビは見れますし、オンデマンドの放送だってあります。

そんで、Youtubeの違法動画を見ているそこのあなた!意外とオンデマンドの方が広告は少ないですよ?とりあえず、TVerぐらいは入れておきましょう!無料なのですから。

チャンネル争いはなくなっても、通信料に限度があるご家庭だと「wifi争い」とかあるんでしょうかね?今時、家庭に固定回線を引いていないのもどうかと思いますけれど…

コメント

タイトルとURLをコピーしました